NEWS

2023.04.07
INFORMATION

環境へ配慮した容器の導入について


深刻化する気候変動課題やプラスチックゴミ問題の解決に向け、私たちは「2030年までに国内主力製品の70%を環境配慮製品にすること」を新たな目標として掲げました。
2022年4月1日より施行されたプラスチックの資源循環を目的とした法律「プラスチック資源循環促進法」の基本原則4Rに基づき自社基準を策定しました。

自社基準の詳細と、環境に配慮した容器の導入率については、こちらのページをご覧ください。